当店の視力検査

身体感覚を整えるメガネ


多くの方がメガネで遠くが良く見えると安心されます。

しかし視力は小さいものにピントを合わせようとする視覚の一部分に過ぎません。

 

視覚は目で「入力」情報を脳で「処理」体に「出力」する高度な能力です。

 

ほとんどのメガネは視力を上げるために作られていますが、視力だけにこだわると身体とのバランスが崩れ、視覚の質を低下させたり不調の原因になることもあります。

 

近視の場合、視力表で1.0以上に矯正したメガネはデスクワークには過矯正(強過ぎ)メガネになってしまいます。

デスクワーク用メガネは度数は弱めにし、プリズム補正することが大切になります。

 

当店では目が身体にブレーキを掛けていないかなど視覚機能検査で確認しています。

 

屈折検査<両眼視機能検査<視覚機能検査

となります。

 

メガネを用いて視覚の質が高まると身体感覚が変わります。

 

例えば緊張した目とリラックスした目では、体の重心が変化します。

バットのスイングの速さ、ボールを投げる玉離れの感覚にも違いがでます。

 

イップスは心の緊張が原因のひとつと言われていますが、目が影響していることもあります。

 


検査の流れ

両眼視機能検査(現状・原因の把握)→ 視覚機能検査(改善へのアプローチ)

検査の目安は約40~60分です






大型免許に必要な深視力のチェックとトレーニングができます。

深視力とは遠近感の判断能力のことで、大型免許・二種免許の取得時に必要な視力テストです。

箱の中の3本の棒のうち、中央1本が前後に移動しています。

2.5m離れたところで3本が並んだと感じたらボタンを押します。

 

眼位ずれや左右の視力差が大きい方など両眼視機能に問題がある方はこのテストが苦手ですが、プリズムメガネで補正すると改善することがあります。