こどもめがね


近視、正視、遠視それぞれのメリット、デメリットとは

◎正視、遠視の目

遠くがよく見えます。(メリット)

読書などで近くを見続けるには調節筋の緊張が必要なので疲れやすい目だと言えます。(デメリット)

※特に遠視は、遠くを見る場合にも調節力を使っており、近くを見るにはさらに強い調節力を必要とします。

 

◎近視の目

遠くに離れるほど見えにくくなります。(デメリット)

近くを見るには調節筋の緊張は少なくて済むので疲れにくい目だと言えます。(メリット)

 

正しい見方が健康な目を育てる

当店でのご相談例 (12歳女子)

裸眼視力(右0.2、左0.15、両眼0.3)片眼を顔の中心に向け見るくせがある。

眼科さんの診察では外斜位であるが、特に眼には異常は見られないとのこと。

当店で両眼視視能検査を行ったところ(左眼に抑制あり)右眼だけで見ている。

家での勉強する姿勢をたずねると、机が低いため体を前のめりに顔を斜めに傾けていた。

姿勢に問題があるのでは?とブロックスストリングを用いてトレーニングを行ったところ、両眼で見る感覚が戻ってきた。

両眼視ができるようになりメガネでの矯正視力は0.9

正しい姿勢で勉強するとともにビジョントレーニングの方法をアドバイスさせていただいた。

 

ビジョントレーニングで見方を改善

ブロックストリングスを使って見方をトレーニング
ブロックストリングスを使って見方をトレーニング
両眼視機能の測定中
両眼視機能の測定中


取り扱いブランド

SWISS FLEX KIDS(スイスフレックス キッズ)

小さい子供のファーストメガネにぴったりのフルリムフレーム

多彩なレンズフォームとカラフルなフレームカラーからお好みのパーツを選んで、楽しくてかわいいオリジナルメガネを作りましょう!

レンズ付 一式価格:¥27,000~(税抜)


REC SPECS(レック スペックス)

REC SPECSは球技などのスポーツで眼の安全を促進する「ゴーグル」の中心的存在です。

フレーム価格:¥15,000~(税抜)


弱視等治療用眼鏡保険適用について

 

小児弱視等の治療用眼鏡その保険適用について

お子様の治療用眼鏡に保険を適用することができます

 

基礎知識

 (1) 対象

9歳未満の子供が使用する、弱視、斜視、先天性白内障術後等の治療に必要だと医師が判断し処方した眼鏡やコンタ クトレンズに限ります。

平成 18 年 4 月以降に作成された眼鏡が対象です。

 

(2) ご注意

遠視や近視、乱視があっても、矯正視力や両眼視機能、眼位などに異常のないお子様が使用する眼鏡等に対しては、 保険は適用されません(単なる視力矯正眼鏡は対象外)。

担当医師に、作成される眼鏡の種類をよくご確認になるよう、お願いいたします。

また、実際の保険の適用については、ご加入の保険事業者が審査を行います。

担当医師に症状を確認し、また保険事業者の審査もありますので、申請すれば必ず適用となるということではない、 ということをご理解ください。

 

 

給付額について

(1)基準額

児童福祉法の規定に基づく補装具の種目「弱視眼鏡(36,700 円)」×1.03 を支給の上限、つまり「支給対象とする眼 鏡の購入価格の上限とする」と定められています。

 

(2) 給付額

通常の保険と同様、購入金額の 7 割が給付額として適用されます。

購入された眼鏡が基準額以下の場合は購入金額の 7 割が給付額。

購入された眼鏡が基準額の上限(37,801 円)を超える場合、一律 26,460 円となります。

 

 

適用限度数について

5歳未満の小児の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が1年以上

5歳以上の小児の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が2年以上 となります。

 

 

手続きについて(1)

(1) 前提

担当医師に、作成される眼鏡が医療用眼鏡に該当するかどうかを確認し、ご自身で手続きを進める必要があります。

病院、眼科側から指示が出るとは必ずしも限りません。

 

(2) 必要なもの

療養費支給申請書(加入している健康保険組合窓口等にあります)

眼科医の「治療用眼鏡等」の作成指示書の写しおよび患者様検査結果

購入した「治療用眼鏡等」の領収書

 

また、「作成指示書」、「医療費控除用処方箋」、「診断書」等の証明書類については、「眼鏡が医師の診断のもと作成さ れた」ということを示す必要があるため、領収書の日付よりも前(もしくは同日)に発行されていることを条件とさ れています。

 

 

手続きについて(2)

(1)申請する場所

ご加入の健康保険窓口で申請します。

・政府管掌健康保険にご加入の方:各社会保険事務所

・国民健康保険にご加入の方:市区町村の国民健康保険課

・健康保険組合にご加入の方:各健康保険組合の事務局

 

(2)必要な書類と申請書

・療養費支給申請書(ご加入の健康保険申請窓口にあります)

・弱視等治療用眼鏡等作成指示書

・処方箋のコピー

・眼鏡・コンタクトレンズの領収書(処方箋発行日以後の日付のもの)

・世帯主の銀行口座がわかるもの

・印鑑

 

以上の手続きが全て終了されますと、給付されます。

● こちらより文書をダウンロードできます。

ダウンロード
小児弱視等の治療用眼鏡その保険適用について.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 86.5 KB